女子高生を出会い系サイトでナンパする3つの方法

女子高校生

ちわ!女子高生フェチの28才ナンパ師のリーマンです。俺が女子高生と出会い系サイトで出会いを作り、恋愛関係に発展した記録を残しておくとします。
ご存知の通り女子高生との出会いは世間的に厳しいのが実情です。特に出会い系サイトへの規制は年々厳しい状況になっている。
だが、女子高生好きの男性は安心して欲しい。出会い系サイトを経由して女子高生をナンパしてエッチすることは可能。そればかりか年の差恋愛に発展させることもできます。ただし、やり方を間違えると淫行罪に問われるのでご注意!

情報参照元

http://sdmbarara.in/

①年齢詐欺の女子高生をナンパする

現在、18才未満の児童は出会い系サイトを利用できないように規制されているのはご存知だと思う。しかしながら、出会い系サイトの年齢認証を誤魔化して登録している女子高生が大勢います。この方法は狙ってできるものではありません。偶然の産物により、結果、女子高生をナンパしてしまった!という結果論。だが、出会い系サイトを利用していると、このような嬉しい事故に遭遇するケースもある。特に、援交JKをなどはサイバーポリスによる監視を逃れる為に、意図的に18才以上しか利用できない出会い系サイトを利用するケースも目立ち始めている。また、18才以上の友人や知人の協力を得て登録している女子高生もいます。現在の年齢認証制度は非常に脆弱です。18才以上の友人や家族の健康保険証をキャプチャ画像があれば簡単に年齢認証をすることができるからです。グーグル画像検索で簡単に入手できる。もちろん、年齢を偽って登録しているので、18才未満の女子高生をターゲットにナンパすることは非常に困難です。しかしながら、意識的に探すことで、これは、女子高生ではないか!?っていうプロフィールを掲示板で発見することがある。あくまで女子高生との遭遇確率を上げるための検索方法なので参考にしてみると良い。

  • 何かを受験している女性
  • 大学や専門学校志望の女性
  • 家出中で神待ちしている女性
  • 過去に着用した制服を買いませんか?と書き込んでいる
  • アンダーという隠語を使っている
  • 若すぎる写メをPR掲載している
  • 日記の内容が学校ネタである

②ツイッターにいる女子高生をナンパする

ツイッターは年齢認証不要で誰でも登録できるSNSツール。女子高生をナンパすることは現在も可能です。検索窓に、JK、女子高生、○○高校というキーワードを入れるとズラリと出てきます。それらのユーザーアカウントをフォローしたり、メッセージを送付して友達になることから始めます。ただし、フォロワー数を増やすことが目的の業者なども多いので用心して下さい。ターゲットにすべき女子高生は、裏アカJKです。自撮りした卑猥な画像(即時、運営側から削除されています)を投稿している女子高生などなナンパ対象としては狙い目です。彼女達は自分が大勢の男性から注目されることに価値を抱いています。この時、メッセージで交流するよりも、つぶやきで交流する方が良いです。最初からメッセージを飛ばすと9割以上はガン無視で終わるケースが多い。仲良くなってからメッセージを使うのがツイッターナンパの王道でもある。ただ、ツイッターを通じてリアルで出会えるようになるまでには、多少時間がかかるのが難点です。

俺自身は一度もリアルで出会うのは成功していませんが、「メッチャ惜しいじゃん」と言う経験は数度あります。なぜなら、待ち合わせの約束をツイッターのメッセージで交わす。その後に、直アドを交換して直接電話で会話することができたからです。だけど、相手の気が変わってデートの約束はドタキャン。完全にナンパし切れなかったという失敗経験があるからです。油断せずに、もっと慎重に事を運ぶと女子高生とツイッター上で出会いを作ることは可能だったと思います。

③援交女子高生をナンパする

コミュ力が最も必要とされるナンパ方法です。って言うよりはヤセ我慢が必要。

援交女子高生を手懐けて友達感覚から恋愛に発展させるナンパだからです。

援交女子高生と出会うまでは比較的カンタンだが、援助希望の10代女性にアプローチし続けていれば時間の問題で遭遇することができる。しかし、援交希望のJKとエッチをするのは非常に危険を伴います。女子高生と援助交際をして性行為に及ぶと理由を問われずに検挙されてしまうからです。私自身が2013年の12月頃に成功した例を述べます。

家出している女子高生を救済

某出会い系サイトの掲示板で20才と名乗っている女性。「誰か助けて~!お小遣いがピンチ!」と言う援助を希望している書き込みを発見。興味本位でメールを送ってみる。3分も経過せずに返信が戻っている。「諭吉さん1枚で何でもします。これから渋谷で会いませんか?」と即アポ希望の内容でした。通常は無視するような内容だが、ちょっと考えてみたら、「お小遣」いと言う言葉にピンと来ました。20才の女性がお小遣いをもらっているのを不自然に感じたからです。出会い系を利用している際は、いつも女子高生の存在にアンテナを張り巡らしているので、俺は率直に怪しいと感じました。
それに、東京都内の援助系の相場の平均は2万前後が相場。1万はあまりに安すぎるからです。このような低条件を出している女性は援交に不慣れな素人だと相場は決まっています。たまたま、五反田駅のカフェにいた俺は、興味本位で会ってみることにしました。JR渋谷駅のハチ公前の交番迎えにあるカフェで待ち合わせ。(ちなみに援交で待ち合わせをする際は人混みの方が安心できる)

渋谷駅前のカフェにて。彼女と会った瞬間。あまりに若すぎる雰囲気。身長150センチくらいの幼児体型。20才には全然見えない感じ。カフェでチョコパフェを食べている彼女は自らを17才の女子高生だと告白してきた。彼女の正体は、川口から家出中の川口工業高校の2年生。ま!事情が色々あるが割愛。俺が予想した通り援交をしたのは初めてだったと言う。俺は援交は危険だからしないほうが良いと忠告。そして、彼女に1万円を寄付。パフェの他にパスタをご馳走してさようならをした。

翌日、彼女から出会い系サイト経由でメールを貰う。

内容を省略すると、

「昨日はありがとう♪また会える?」

と言う短文メール。このメールが黄金色に輝いて見えたくらい嬉しかった記憶が強い。なぜなら、前日の出会いで信頼関係ができあがって依存されていると実感できたからです。馴れ馴れしい言葉が、より相手との距離感を感じるんだよね。

家出中の女子高校生から頼られることが、悪い気はしない俺は、次の日も彼女と出会うことにした。その時は金銭的な援助は一切していない。ハンバーグ定食をご馳走してあげて、彼女の愚痴をひたすら聞いてあげただけだ。翌日、彼女は地元埼玉の家に戻って家出を辞める。後で彼女から聞いたのだが、埼玉県警に捜索願いも出ていたらしい。

その出会いを契機に、彼女との微妙な関係が続きます。そして、半年も経過せずに彼女と交際することに発展。年齢差が11才離れた恋愛関係が成立。彼女が高校を卒業して地元の北海道に帰るまでは交際を続けることができました。

出会い系にいる女子高生の属性

JK出会い

  1. 年齢認証フリーのSNSを利用している女子高生。
  2. 援助を求めて年齢詐欺をして登録している女子高生
  3. 裏デリと言われる業者から派遣される援交JK

狙い目は1番と2番です。ただし、何度も言いますが、援交希望の女子高生と性行為をするのは絶対にNGです。

けど、16才以上の女性と真摯な恋愛関係においてのセックスは一切罪に問われることは法律的に問題はありません。重要なのは当人同士恋愛関係だと認めることができることを他者に証明できるかどうかです。それが可能であれば、女子高生とエッチすることもできるのだと言うことです。俺の経験は、稀有なケースでありますが、援交を通じた女子高生との恋愛も成立するのだと言う体験談をみなさんにもお伝えしたくて当HPを作るキッカケになりました。